HOME>特集>失敗しない補聴器の購入方法【自分に合う種類を選ぼう】

目次

種類を都合に合わせて選ぶ

耳が聞こえにくいので耳鼻科に行くと補聴器の使用をすすめられますが、基本的にはメガネなどとほとんど同じ感覚で買い、使っていくことができます。使用すると意外なほど聞こえやすくなるので人気のある補助器具となっており、補聴器をしっかりと使いこなしていくようにするといいでしょう。耳に入れたりかけたりするものの他に、ポケットに本体を入れて使うタイプのものも人気となっているので、部号に合わせて種類を選んでいくべきです。使用する際にはあまり人に見られたくないという人でも、耳の穴に入れるものであれば問題なく使えるので、まずは補聴器の店に行って実物をチェックしましょう。

必要なものを選ぶ方法

補聴器を使っていくというのはあまりイメージできない人も多く、自分に合った種類がどれなのかをどうやって確かめようか悩んでしまうことでしょう。その場合はとりあえず普段の生活でどういう場面で使うかをイメージし、その状況にあった種類の補聴器を選ぶといいでしょう。オーソドックスなのは耳の穴に入れるものですが、これは紛失しやすいというデメリットもあるので、そういった意味でポケットタイプが使いやすいといえます。

聞こえやすくするコツ

耳鼻科や店などでも言われることですが、補聴器自体は別に音をより大きくさせるものというたぐいのものではなく、聞こえやすくする機械です。同じことだと考える人もいますが、クリアな音声にするといえばわかりやすく、単純にボリュームを上げて使うものではないことを知っておきましょう。ハウリングが生じて使いにくいという事例が多いですが、これもそういった補聴器の特性を理解し、日頃の生活スタイルに合った種類のものを使えば問題ないです。

広告募集中