HOME>イチオシ情報>自分にベストな補聴器の選び方【聴力サポート機能をチェック】

自分に適した補聴器を選ぶことが大事

補聴器選びで大切なことは、正しい選び方を知り、実際に自分に合うものを選ぶということです。種類や機能など、自分にとって必要な情報をしっかりと頭に入れた後に、購入商品の選定を行ってみてください。

補聴器に慣れるためにやっておきたい練習法ベスト3

no.1

まずはさまざまな音を聞くこと

日常生活の中の音を聞くことが、補聴器の練習で非常に大切なポイントです。自分で本を読み上げたり、オーディオブックを活用したりするのもオススメです。

no.2

1対1で会話を楽しんでみる

補聴器をつけて、突然多くの音を聞こうとすると、脳が混乱してしまうことがあります。まずは落ち着いた環境の中で、1対1の会話を楽しむところからスタートしましょう。

no.3

慣れてきたら、いろいろな音を聞いてみる

補聴器の練習にある程度慣れてきたら、いろいろな音を聞くということに挑戦してみてください。多くの人が話しているときには、「今誰が話しているのか」に注目することがトレーニングになります。

補聴器

耐用年数は5年程度

補聴器は一度購入すれば無限で使えるのかというとそういうわけではありません。耐用年数はおよそ5年と言われていますので、5年に1度は買い替える必要があります。いつか買い替えなければいけないことを見越して選び方を考えてみるといいです。

無理ない予算で買おう

補聴器の選び方を考えるうえで、予算というのは欠かせないポイントです。どのくらいの補聴器を購入するのかは予算によって決まってくることが多いです。片耳で5万円から50万円程度とまちまちですので、予算に合ったものを購入するべきでしょう。高価なものはそれだけ機能が揃っていたりしますので、誰しも購入したいと思うかもしれませんが、場合によって要らない機能がありますので、そこのところをきちんと見極めたうえで購入しましょう。

試聴や返品ができるのか

補聴器は実際に聞こえ具合を試してみたうえで購入したいと思う人が多いでしょう。補聴器によって聞こえ方などが違いますし、オーダーメイドであれば実際に出来上がってみないと分からないことがあります。店舗によっては実際に試聴ができたり、万が一使い勝手が悪い時に返品ができたりします。試聴や返品ができるのかどうか店舗に尋ねてみるといいでしょう。そういうチャンスがあるならば選び方が違ってくるでしょうから、積極的に試聴してみて自分の気に入ったものを選んでください。

広告募集中